ステンレス加工専門、ステンレス溶接、アルミ溶接、ステンレス加工の事なら当社におまかせ下さい!
徳丸熔工所 
ステンレス溶接、アルミ溶接、ステンレス加工の徳丸熔工所

ステンレス溶接、アルミ溶接、ステンレス加工

営業案内

製品案内

会社案内

お問い合せ

溶接の種類について

被服アーク溶接 

被服アーク溶接は、被服アーク溶接棒と被服接物との間隔にアークを発生させ、そのアーク熱を用いる溶接方法です。
この溶接方法は、最も古く開発され使用されてきたものですが、溶接機や溶接材料が改良されて、現在でも最も多く使われている溶接方法です。
溶接に直流または交流が用いられますが、日本では交流が多く用いられています。


被服アーク溶接の長所

設備費が安い 

取り扱いが容易である

基本技術の習得に長時間を要しない

すぐれた継手が得られる

組み立て価格が安価になる

等が挙げられます。


イナートガスアーク溶接
 
特殊なトーチを用い、アルゴン、ヘリウム等のイナートガスの雰囲気中でタングステン棒あるいは母材との間にアークを発生させて行う溶接方法です。タングステン電極を用いるティグ(TIG)溶接、金属ワイヤを用いる(MIG)溶接があります。

この溶接方法は、アルゴン等のイナートガス中で溶接が行われる為、溶融された金属が空気の影響を受けず、今まで困難とされていたアルミニウム、ステンレス等の非鉄金属の溶接が簡単に行える様になりました。アルゴン溶接、TIG溶接と呼ばれている溶接はこの種類です。当社でも、ステンレスの溶接やアルミの溶接をする時はこの溶接方法です。

マグ(MAG)溶接

溶接部の雰囲気を炭酸ガスと不活性ガス(アルゴン、ヘリウム)との混合ガスで覆って、溶接ワイアを電極として溶接を行うやりかたです。

炭酸ガスだけで保護(シールド)するものを炭酸ガスアーク溶接といい、これもマグ溶接に含まれます。溶接用ワイアは一定速度で自動的に供給されますが、溶接機の特性によりアーク長は一定に保たれます。トーチ(ホルダー)の移動は作業者が行うか、または自動的に行わせます。前者を半自動溶接といい、後者を自動溶接といいます。

作業能率が非常によいので、被覆アーク溶接に変わって半自動溶接が急速に普及しています。
当社でも、主に半自動溶接を鉄の溶接をする時によく使用しています。




ステンレス加工の製品カタログステンレス溶接加工、アルミ溶接加工、ステンレス加工の(株)徳丸熔工所
〒577-0835 大阪府東大阪市柏田西3丁目1-24
TEL. 06−6736−1646  FAX. 06−6736−1646
 代表者: 石見 秀徳   サイト管理者: 石見 秀徳
tokumaru555@m9.dion.ne.jp
会社案内と製品カタログをご用意。ご希望の方は、FAX・電話、メールにてお申し込み下さい。



Copyright Tokumaru Youkousho. All rights reserved.
ステンレスの材質について
アルミの材質について
ステンレスの表面仕上げ
ステンレスの研磨仕上げ

ステンレスの表面処理

ステンレスの腐食や割れについて

溶接について




ステンレス板金加工品集

ステンレスホッパー
ステンレスシュート製品集


私がサイト管理者の石見秀徳です。どんな事でもお気軽にお問い合わせ下さい!

アルミ溶接の会社